読書

【最新版】Audibleの価格は安い?他社と比較してみました!

悩んでいる人
悩んでいる人
Audibleの1,500円って価格が他のサービスと比べて高いのか安いのか知りたい。

Audible(オーディブル)」は月額1,500円で洋書から小説まで20万冊以上のラインナップからボイスブックを聴けるサービスです。

今回は、Audibleの価格がほかのサービスとくらべて、安いのかどうかを比較してみました。

記事の前半ではAudibleに「課金すると使えるサービス内容」を説明し、記事の後半では、「ほかのサービスと比較してみてどうなのか?」を具体的に解説します。

この記事を読み終える事で、『Audibleがいかにコスパ良いか』を理解することができ、魅力あるサービスだということがわかります。

追記:実際に返品したときの話を追加しました。

結論:Audibleのコスパよい、あとは使うだけ

結論から言うと、コスパはいいと思います。

あとはあなた自身が使いこなせるかどうかで、価格の価値が決まります。

購入した本を何回も聞いたりして、スミズミまで使う人には安く感じ、一度聞いて終わりの人には高く感じるサービスです。

では、課金するとどんなサービスがあるのか見ていきましょう。

Audibleのサービス内容は?

Audibleサービスを箇条書きしてみます。

  • 毎月ボイスブック1冊と交換できるコインが貰える
  • 会員向け無料コンテンツがある
  • ボイスブックの返品・交換制度がある

これだけでも、コスパは最高だと思いますね。ではそれぞれ解説していきます。

毎月ボイスブック1冊と交換できるコインが貰える

Audibleのサービスはどんな内容なのか?以前は聞き放題のサービスだったのですが、現在は月額1,500円で月にコイン1枚が配布され、そのコインと本の交換制になってます。

このコインはAudible内の、どの本でも、交換できます。

仮に、kindleでも販売している本が、3,500円でも、このコインと交換なら、実質1,500円で買えることになります。

会員向け無料コンテンツがある

Audibleには、会員向けの‟無料コンテンツ”もあります。これらは、追加料金なしで利用でき、内容もさまざまあり、使い勝手がよいですね。

中身はコチラ↓

ビジネスの要約本から落語、お笑い、ヒーリングまで、バラエティ溢れる人気コンテンツを続々配信する「Audible Station」。会員なら、追加料金なしで楽しめます。

特に、ビジネス本の要約サービスは、内容を確認できるので、ハズレ本のためにお金を使わなくなるので、おススメできます!

ボイスブックの返品・交換制度がある

会員になると、本の返品・交換サービスを利用する事ができます。ただし、これはあくまでも救済措置です。

いろんな本を、なんども聞くための制度ではないので、気を付けましょう。

無料で30日間Audibleを聴く

 

‟Audible”と‟audiobook.jp”の比較

では、‟Audible”を競合他社と比較して、損をしないのはどちらか確認してみましょう。

確認するのは『 audiobook.jp』で、比較する項目は以下のとおりです。

  • 月額料金
  • 書籍数
  • 得意ジャンル

月額料金は?

 

サービス名 Audible audiobook.jp月額課金タイプ audiobook.jp聞き放題タイプ
金額 月1,500円 月750円 300~30,000円をチャージ

月額料金ですが、Audibleは月1,500円の月額課金タイプ1種類のみ。

audiobook.jpは月額750円の聞き放題タイプと、月額定額制で好きに購入できるタイプの2種類でした。

価格だけで比較すると、‟Audible”より幅のある‟audiobook.jp”の方が、安く感じますね。

では、書籍数で比較するとどうでしょうか?

書籍数は?

 

サービス名 Audible audiobook.jp
コンテンツ数 40万冊 23,000冊

2018年10月時点

書籍数ですが、ここは‟Audible”が ‟audiobook.jp”を圧倒しています。

このように、20倍近い差が出てます。

これはAudibleが洋書も取り扱っているからでしょう。

でも、洋書を聴く人がそんなにいるとも思えないので、日本語版で比較してみます。

すると、次のようになります。

サービス名 Audible audiobook.jp
日本語コンテンツ数 約1万冊 23,000冊

audiobook.jpはそのコンテンツがすべて日本語なのに対し、Audibleは約1万冊です。

このように比較すると、audiobook.jpのほうが種類が多いですね。

得意ジャンルは?

  • Audibleはエンタメ・洋書
  • audiobook.jpは古典・著名なビジネス本やNHK語学

得意なジャンルを見てみましょう。

Audibleはエンタメ・洋書

Audible最大の特徴はエンタメと洋書です。

特に海外法人で、全世界を対象にしている分、洋書の取り扱いが多いことが特徴です。

audiobook.jpは古典・著名なビジネス本やNHK語学

audiobook.jpの最大の特徴は、NHK語学があることです。

NHKラジオで放送した番組を‟ほぼそのまま”楽しめます。

もちろん、過去の放送分もDL可能です。

 

audiobook.jpの方がお買い得に感じるが

複数ある課金方法に本の種類と、audiobook.jpの方がお買い得に感じますよね?

ですが、Audibleにはaudiobook.jpにないサービスが1つあります。

それは「ボイスブックを返品・交換」できる点です。

Audibleは、どうしても商品が気に入らなかった場合は、返品・交換を行うことでコインが帰ってきます。

audiobook.jpには返品というシステム自体がありません。

どういう時に返品をするのか?

返品をするときは、どうしても本の内容が頭に入らないときでしょう。

Audibleには、冒頭をサンプルで聴けるんですが、そこだけで判断できないことが多々あります。

内容が約6時間あるボイスブックを、冒頭の5分で判断できる人は、かなり少数派でしょう。

僕も、声はいいなと思ってDLしたボイスブックが、イマイチだったことがありました。

そのときは返品をして、別なボイスブックを再びDLしています。

実際に返品したときの話

実際に返品したときですが、Audible側から特別問い合わせなどはありませんでした。

ただ、iPhoneの場合はアプリ上で返品ができません。

そのために、一度「Safari」でAudibleにログインし、返品処理をおこなう必要があります。

ここだけがちょっと手間でしたね。

Audibleと他社比較のまとめ

まとめ:Audibleと他社比較のまとめ

まとめ
  • 毎月ボイスブック1冊と交換できるコインが貰える
  • 会員向け無料コンテンツがある
  • ボイスブックの返品・交換制度がある
  • コンテンツ数が多いのはAudible、価格帯に幅があるのはaudiobook.jp

無料で30日間Audibleを聴く

Audibleは、現在Amazonが力を入れているサービスです。それを考えると、今後日本語のコンテンツ数の増加も考えられます。

以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございました。