ブログ

【具体例アリ】ブログの収益化できない初心者には商品レビューがおすすめ理由3選

悩んでいる人
悩んでいる人
副業でブログを始めたんだけど、どんな記事を書いたら初心者でも収益が発生するのだろう?

今回はこんな疑問に答えていこうと思います。

ブログで稼ぐには、当たり前ですが記事を書く必要があります。

ですが記事にもいろんな種類があり、初心者がどんな記事を書けばいいのか迷走する原因の1つですね。

そんな初心者へ360記事を書いても結果が出なかった僕でも、即収益を出せた記事の書き方を紹介したいと思います。それは『レビュー記事』です。

記事の前半では、「商品レビューがオススメの理由」を解説し、記事の後半では初心者もすぐ書けるレビューの書き方」を具体例と合わせて説明していきます。

この記事を読み終えることで、なぜ商品レビューが収益を出しやすいかが分かると同時に、具体的な書き方も理解できて、すぐに商品レビュー記事を書くことができます。

初心者には商品レビュー記事がおすすめの理由3選

初心者が商品レビューから始めた方が良い理由は以下の3つです

・理由①:実際に買って使ったアイテムをレビューできるから

・理由②:買う人が検索するから売れやすい

・理由③:ライバルと比較して購買意欲を高められる

理由①:実際に買って使ったアイテムをレビューできるから

商品レビュー記事の鉄板は『実際に購入して使ってみた感想』を書くことです。

当然、商品を購入する必要が出てきますが、先行投資です。

なので、自分が仕事で使う商品のレビューを書きましょう!

あなたが実際に使った商品の感想は唯一無二なので、こういう感想が大事だったりします。

理由②:買う人が検索するから売れやすい

もし、なにかのガジェットを購入しようと思ったら、商品レビューは絶対にチェックしますよね?

特に、日本人はモノを買うときはレビューに頼る傾向が強い種族です。

多くの人が失敗しないためにレビューをgoogleで検索をしています。

つまりレビュー記事には一定の需要があるので、記事を書けば、ドメインパワーの弱い序盤でも検索からの流入が見込めます。

さらにメリットがもう1つあります。それは、新製品が発売されると最初は全員0からのスタートということです。

特に言えるのは『本のレビュー記事』です。新刊のレビューを最初に投稿すれば、気になる人が検索して集客が見込めます。

そこで、納得してくれれば商品をポチッと買ってくれる流れです。

理由③:ライバルと比較して購買意欲を高められる

どの商品にも‟ライバル”が存在します。

それらを比較することで、読者の購買意欲をより高められます。

また、ライバルの記事を書くことで、本命の商品以外に、ライバル商品を検討している人が比較検討のために検索してくれる可能性もあります。

例えば、次のような記事はどうでしょうか?

「【最新機種比較】iPhone11Proに匹敵するスペックを持つandroidを紹介!」

この記事でiPhoneとandroidを比較検討している人を集客できるし、内部リンクも繋がりSEOとしても評価がよくなります。

以上が理由になります。では続いて記事の書き方の解説です。

レビュー記事を書く前の準備

記事を書く前に、ASPと契約する必要があります。

ちなみに僕が紹介する商品はすべて『Amazonアソシエイト』を利用した記事になっています。

Amazonアソシエイトで商品レビューをする理由

結論から言うと、Amazonを使うのは信用の問題です。

僕もたくさんアフィリエイトを試してきましたが、ASPを利用したアフィリエイトよりも、Amazonアソシエイトの方が圧倒的にハードルが低かったです。

さらに、Amazonにある商品のレビューを探す人は基本的に買う前提の人です。そこで背中を押してあげられる記事を書けばポチっとして貰えます。

ただ、あたりまえですがデメリットもあります、それは単価が低い事です。


これはAmazonアソシエイトの紹介料率のページです。どうでしょうか?

高くても10%な上に最大1,000円までしか収益になりません。

なので、あくまでも「成功体験つくるための練習」だとワリキリましょう!

最初から高額レビューのASPにチャレンジして失敗するより、たとえ数円でも収益になった方がながく続けることができます。

Amazonアソシエイトのアカウント作成

Amazonを使うので、「Amazonアソシエイトのアカウント」を準備しましょう

もし、すでにAmazonのアカウントがあれば、そのまま利用できます。なければ新しく作りましょう。

そしてブログをAmazonアソシエイトへ登録しましょう。

ただし、サイトが作ったばかりだと承認されない可能性があります。

そういう時は『もしもアフィリエイトを経由して登録しましょう。ここを使えばAmazonの商品を紹介することができます。

登録が完了すれば事前準備は完了です。

具体的なレビュー記事の書き方

レビュー記事の構成はカンタンです。

商品のレビュー記事を3~5本書いて、まとめ記事でまとめる、コレだけです。

具体的な参考例として僕の記事で解説します。

【おすすめ】1,500円を無駄にしないAudibleの使い方&まとめ

この記事がAudibleのまとめ記事になります。

この記事の中で、掘り下げたい部分を下記の3記事で書いています。

図にするとこんな感じです。稼いでいるアフィリエイターはほとんどこの構成です。

想定読者をより掘り下げる

先ほど紹介した記事は欠点があります。それは検索する人がちょっとボヤけてるからですね。

そこで、もっと刺さりやすくする方法があります。

それは「サラリーマンが持つべきガジェット6選」「長距離ドライバーにおすすめ!車内を快適にするガジェットまとめ」などですね。

「サラリーマン+ガジェット」や「長距離ドライバー+快適」という複合キーワードと、紹介する「商品名」で別々に検索されるのでおすすめの方法です。

またサラリーマンと書いてあれば、商品で検索したサラリーマンが「おっ?」と気になってまとめを見てくれる可能性が上がります。

このように、より深く相手をイメージして記事を書き、販売へつなげましょう。

初心者には商品レビューがオススメまとめ

と言うことでまとめです。

本記事のまとめ
  • まずは売れやすいAmazonアソシエイトで慣れてから難易度の高い記事に挑戦しよう
  • Amazonアソシエイツに登録→登録できなければもしもアフィリエイト経由で登録
  • 記事を書く時は、より深く相手をイメージして記事を書こう。

以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございました。