ブログ

ブログのアイキャッチとサムネイル画像の違いとは?作り方も合わせて解説

悩んでいる人
悩んでいる人
ブログのアイキャッチ画像とサムネイル画像の違いってあるの?あとかんたんに作れる方法も知りたい・・・・。

こんな疑問に答えて行こうと思います。

僕もブログをはじめた初心者のころは、アイキャッチ画像の意味や効果を分からず、設定しないで記事を投稿していました。

実はブログ運営において、アイキャッチ画像はかなり重要なポイントです。

それは、記事を目立たせるためや、読者を引き付けるだけでなく、内容を伝える意味もあるからですね。

実際にアイキャッチ画像を設定するのと、しないのとでは、天と地ほどの差がでます。

本記事の前半では、アイキャッチ画像とサムネイル画像の違いとその効果について解説し、記事の後半では、初心者でも簡単に作れるアイキャッチ画像の作り方を紹介します。

本記事を読むことで、ブログ初心者でもすぐアイキャッチ画像の重要性が理解できて、アイキャッチ画像を作ることができるでしょう。

 

そもそもアイキャッチ画像とはなに?

アイキャッチ画像とは、下のような記事上部にある画像のことです。

「アイ+キャッチ」というくらいなので、読者の目線を引くという重要な役割を持っています。

ちなみに、Wordpressだと、記事を書く部分の右下に設定項目があります。

 

アイキャッチ画像の役割とは?

アイキャッチ画像の役割は次のとおりです。

  1. 読者の目を引き付ける
  2. 引き付けたあとに、記事の中身を理解させる

①:読者の目線を引き付ける

先ほどもいいましたが、アイキャッチ画像の一番の役割は、読者の目を引き付けることです。

アイキャッチ画像の設定があるのとないのとでは、見た目がまったく変わってきます。

試しに僕のブログ記事で、一部をアイキャッチ画像を消してみましょう。

これがアイキャッチ画像無しの場合↓

続いて、アイキャッチ画像がある場合はコチラ↓

どうでしょうか?見栄えが全然違いますよね?

これがアイキャッチ画像の有り無しの違いになります。

②:記事の中身を理解させる

アイキャッチ画像で読者の目を引き付けたら、今度は記事の中身を理解させる必要があります。

次の画像を見てください。

派手な金色と、PC画面の中にあるお金で注意を引き付けたあとに、横にある「ブログの稼ぎ方」で記事の内容を分かってもらいます。

これなら興味がある人は、試しにクリックして貰えますよね?

少しでも記事を読んでもらう確立を上げること、これがアイキャッチ画像の役割なのです。

 

サムネイル画像との違いは?

アイキャッチ画像とサムネイル画像の違いですが、役割はほとんど一緒です。

ただし、表示されてる場所が違うという感じです。

アイキャッチ画像は、記事の冒頭部分に表示される画像のことで、サムネイル画像は、アイキャッチ画像が、一覧で表示されている状態のコトです。

上の感じがサムネイル画像です。そして、そこに画像が設定されていないとどうでしょうか?

試しに設定してみたんですけど、まぁ・・・って感じですよね(笑)

なので、各記事ごとにかならずアイキャッチ画像を設定しましょう。

アイキャッチ画像の自作は難しい?

続いては、アイキャッチ画像の作り方です。

実は、自分でオリジナルのアイキャッチ画像を作るのは、そこまで難しくはありません。

なれてくれば、1枚20分くらいで作れるし、しかもアイキャッチ画像などで、副収入を得ている人もいます。

ぜひ、ここで覚えておきましょう。

アイキャッチ画像を作る前に調べるコト

アイキャッチ画像を作る前に調べるコトがあります。

それは、各Wordpressのテンプレートに合った、アイキャッチ画像のサイズを確認することです。

副業ルートのテンプレートは「JIN」です。JINのアイキャッチサイズは「760×428」です。

ほかのテンプレートを使用している人は、Googleで、「テンプレート名+アイキャッチサイズ」で検索してみましょう。

アイキャッチ画像を作る方法

今回僕が紹介するのは、普段から使用している、アイキャッチ画像の作り方です。

1つは「Canva」というwebサービスで、もう1つは「GIMP」という、フリーのイラストレーターです。

イラストレーターを使ったことがない初心者は、Canvaがおすすめですね。もし、Canvaで作れない画像や、もっと凝った画像を作ろうと思ったときに、GIMPやPhotoshopを使うといいかなって感じです。

Canva

このCanvaはweb上で、アイキャッチやチラシを作れるサービスです。

最近は、この画像でアイキャッチ画像や、間に差し込む画像を作ったりしています。

かんたんな画像を作るだけなら、このサイトで十分ですね。

この記事のアイキャッチ画像と、記事の合間に入ってる画像は、すべて「Canva」で画像を作ってるので覗いてみてください。

詳しいアイキャッチ画像の作り方はこちらです→準備中

Canva公式サイト

 

GIMP

GIMPはフリーのイラストレーターで、フォトショップの無料版のような感じと思ってもらえばOKですね。

GIMPでは、複数の素材を重ねたり、加工したりと、先ほどのCanvaより複雑な作業をするときに使います。

GIMPで作ったアイキャッチ画像はこんな感じです。

こんなアイキャッチ画像を、GIMPで作成しています。

GIMPでのアイキャッチの作り方→準備中

GIMP公式サイト

アイキャッチとサムネイル画像の違いまとめ

まとめ
  • アイキャッチ画像の目的は、読者の目を引き付ける(アイ・キャッチ)ためにとても重要。
  • 引き付けるだけでなく、記事の中身を理解してもらう必要もある。
  • サムネイル画像とは、アイキャッチ画像を一覧で表示した状態のことを言う。
  • 作り方は簡単で、今回紹介したのはCanvaとGIMPでの作り方の2つ

ということで、アイキャッチ画像についての解説でした。

アイキャッチ画像はサムネイル画像一覧で表示されているときは、記事を選ぶ重要な要素です。

本文も大事ですけど、アイキャッチ画像もそれくらい大事なので、時間がさけるならある程度しっかりした画像を使いましょう。

以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございました。